ワイドスキャン振動子/TD800

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
ワイドスキャン振動子/TD800
HE-840/820/840F/820Fオプション

税別50,000円

【主な仕様】
 対応機種:HE-820、HE-840、HE-820F、HE-840F
 周波数:400kHz
 指向角:70°× 4°
 振動子寸法: W26×D160×H17 mm
 ケーブル長: 6m

【オプション】(税別価格)
エレキモーター取付金具 PK05
(7,000円)
エレキ用パーカークランプ PK01
(800円)
         ※2個使用
振動子切換ボックス XB-214H
(10,000円)
本体切換ボックス XB-216H
(10,000円)
※2個の振動子(フロントとリア、ワイドスキャンと400kHzなど)を切り換える場合に使用します。
          寸法:W55×D80×H33mm
          ケーブル長:2m 
※1個の振動子を2台で共用する場合に使用します。
          寸法:W55×D80×H33mm
          ケーブル長:2m&6m




まるで水中を覗いているかのようなリアルな映像描写を実現
一般的な魚探は円錐(えんすい)状の超音波ビームを発射しますが、新開発のワイドスキャンは
前後に極めて狭く、左右に広いビームで細かく切り刻むようにスキャンする方式です。
ゆっくりとボートを走らせると、擬似的にまるで水中写真を見ているかのような画像が得られます。
 (左)通常の魚探画面 (右)ワイドスキャン画面 探知イメージ(拡大
ワイドスキャン画像例 (※各画像クリックで拡大
  
   
 ※ワイドスキャンを使用するには、HE-820/840シリーズ本機のバージョンアップが必要です。
    HE-820/840シリーズ バージョンアップ方法

 ※ワイドスキャンは、ストラクチャーを低速で直進走行した際に、水中写真のような画像が
   得られる機能です。蛇行時や中・高速走行時、停船時にはこのような画像が得られません
   ので、ご理解の上ご使用ください。


ワイドスキャン画面表示例
ワイドスキャンを表示するには、通常の400kHz振動子をワイドスキャン振動子TD800に差し換えて使用します。
そのため、通常の400kHzは表示されなくなりますが、元の400kHzに戻される場合は、「振動子切換ボックス XB-214H」を接続して切り換え操作を行なえば、使用可能になります
(切換方法は、TD800に付属の取扱説明書をご参照ください。)
その際、本体の設定も変更する必要がありますが、ユーザーキー機能
を使用すれば簡単に設定を変更できるようにプログラムしてあります。
※ユーザーキー機能・・・頻繁に使用する機能など任意の機能をユーザーキーに割り当て、簡単に呼び出すことができる機能。
ワイドスキャン システム例 ~多彩な接続パターン~
HE-820/840シリーズでは、さまざまなご要望にお応えするために多彩な接続パターンを用意しました。
以下の「ワイドスキャン システム例」をご参照ください。

(PDF:262KB)
※データを保存する場合は、ダウンロードボタンを右クリックし、メニューから「対象をファイルに保存」を選んでダウンロードしてください。
※PDFをご覧になる場合は Adobe Reader が必要です。

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています